月別 アーカイブ

受講システム
教室で学ぶ
生徒さん・親御様専用ページ
英進アカデミー 紹介ムービー

HOME > 英進アカデミー「勝利のブログ」

英進アカデミー「勝利のブログ」

部活動引退...

部活動を引退した受験生、最後までよく頑張った。
まだ大きな大会が残っている受験生ならば、最後まで全力で取り組もう。
その頑張りが、キミの志望校合格への源泉になることは間違いない!

さて、以降は志望校合格に向けた受験準備の取り組みに、気持ちを切り替えることになる。
その取り掛かりが『夏休み』ということだ。

現状ではまだ時間的な余裕を感じるだろうが、あっという間にその日(入試)はやってくる。
これまでの成績や志望校のレベル、勉強の取り組み方によって異なるが
いずれにしても
『入試日までの学習計画』をたててみるといい。

時間的な余裕を感じているキミでさえ、入試までの残された時間は案外少ないことに気づくはずだ。

その事実にいち早く気づいているキミのライバルたちは気持ちを切り替え
既に受験準備に取り掛かっているに違いない。

時間は待ってはくれない。始めるなら今だ!
健闘を祈っている。



    7C's教育研究所    はなぶさ


夏休みまで...

1学期の期末試験結果が出揃った頃だろう。
キミの成績は予想通りだったか?

教室ではそれぞれが頑張って取り組んだことで、得点アップに喜ぶ生徒も多い。
それは受験生に限らない。定期試験ごとに目標得点を定め、計画的に取り組んでいるからだ。

目標が明確な分、結果の良し悪しに関わらず『反省』が生まれる。
明確な目標同様反省も明確になり、次回の定期試験の取り組みに生かすことができるわけだ。

さて、1学期末試験を終え解放感を味わっているかもしれないが
本当に大切なのは試験終了後。どの学年も試験範囲の内容をしっかり復習しておくことが大切だ。

今から計画を立てて、夏休み前までの間に仕上げるつもりで取り組もう。
通っている学習塾の夏期講習で、学力の相乗効果が大幅にアップする。
模試の得点もきっと上がるはずだ。

夏休みまでのキミの勉強の取り組みが、部活動との両立を可能にするチャンスでもあるわけだ。

これは毎回高得点の友人たちが心がけている、効率の良い時間の使い方。
友人にできることならば、きっとキミにもできるはず。

健闘を祈っている。


    7C's教育研究所    はなぶさ

期末試験はラストまで...

未だ志望校を決めていない受験生にとっては
目標がない分辛い試験準備かもしれないが、とにかく最後まで、できる限り取り組むしかない!

近い将来、今の自分の取り組みに感謝するか、後悔することになるのかの分かれ道だ。
たとえ試験の手ごたえが感じられなかったとしても、翌日の試験で取り戻すつもりで取り組もう。

地元中学では明日が1学期末試験最終日だ。
やろうと思えばまだまだ時間は残されている。最後まで、とにかく最後まで集中して臨んで欲しい。

中2生は、部活動との両立が肝になる試験だ。
比較的早い時期から計画的に試験準備に取り組んだことで、相応の結果が見込めるのかもしれない。
当然試験では手ごたえを感じたことだろう。その調子で最終日まで乗り切ろう。
結果が伴えば、以降の『文武両立』は比較的たやすく、より充実した1年間を過ごすことができるはずだ。

そうでない場合、試験結果や学習状況にもよるが、『夏休みまでの間』 の取り組み方が今後の学力アップを左右する。
試験終了後は、中学1年生に戻ったつもりで徹底的に復習に徹するといい。
そして夏休みは、復習した内容が定着したかどうかを確かめる期間にする。
通っている学習塾や公開模擬試験を『夏休み前と後の2回』受験して得点を比べてみると良いだろう。

同時に苦手教科の克服を意識し、更なる学力アップを目指すことだ。
またこの時期から高校見学して志望校選びを始めておくと、より目的意識の伴った勉強の取り組みができるはずだ。

今回が定期試験初めての中1生も多い。
家族や周囲の先輩方から、試験準備は大切だと聞かされていた割には
『中学の試験って簡単じゃん』とか『勉強なんかしなくても得点できるじゃん』…等々思った中1生は多いだろう。

でもそれ、キミの実力ではない! 試験問題が簡単だっただけだ…

とはいえ中1生にはなかなか理解できないことだ。
中学の試験は簡単、そう思った中1生のほとんどが2学期の定期試験の結果に驚くことになる。

さて中1生、本当の勉強はそこから始まるのだと覚えておこう。
今回の試験結果は良くも悪くもあまり気にしないことだ。 大切なのは1日も早く中学校生活に慣れることだ。

分からないことだらけの定期試験だろうが、最善を尽くして臨んで欲しい。

健闘を祈っている。


       7C's教育研究所     はなぶさ





 


2021夏期講習(7月20日~8月26日)

受験生にとっては志望校合格のための山場、夏期講習。
中2,1生にとっては、今後のキミの学力を左右する大切な期間…

より有意義な夏休みにするための学習計画をたてておくことだ。

期末試験の結果が良くてもそうでなくても
学力は、キミの意識と取り組み一つで良くも悪くも変わるからだ。

そして夏休みは 
『徹底して復習』がベスト。

復習により(基礎的)学力の土台ができたならば、2学期の予習をするのもいいだろう。

特に数学英語が苦手なキミならば、
復習の仕方によって2学期以降の学力アップに大きく影響する。

中途半端な勉強では、中途半端な学力のまま終わってしまう。

志望校合格のために復習し相応の学力をつけるには、
まとまった時間の確保が必要ということだ。

健闘を祈っている。


    7C's教育研究所    はなぶさ



1学期末 3日前...

試験範囲の反復練習により、
解答スピードも十分ついてきたころだろう。

以降の試験準備勉強は、
どうしてもミスしがちな単元に集中するといい。

それらの問題はキミにとって内容が難しく、
まだまだ理解が足りずに解答に時間がかかるケース。

『思い込み(間違って覚えている)』等によるケースも考えられる。

また計算スピードは速くなったがミスが出る。
ならばと、制限時間を目いっぱい時間をかけて丁寧に解答するも
ミスが出てしまうケースもあるだろう。

いずれにしても、もう一歩踏み込んだ練習が必要ということだ。

漢字単語の覚え間違い。計算における自分の解答の癖が
ついてしまっているのかもしれない。

試験までの時間をフルに使ってそれらの修正を試みよう。
学校や塾の提出課題や宿題を『テスト形式』で解いて仕上げるのがベストな方法だ。

納得できる結果を得るには、納得できる準備が必要ということだ。
健闘を祈っている。


    7C's教育研究所   はなぶさ







およそ1週間前...1学期末試験

週末は部活動の大会や行事等で、
試験準備が十分ではない中学生は多いだろう。

とはいえ、
それらを見越して事前に試験準備を始めている中学生も案外多い。

試験準備のスタートはそれぞれ異なるが、
試験まで残された時間はまだ十分にある。

今すぐに取り掛かれば今回の期末試験、
今までと同等か、それ以上の得点は可能だ。

特にキミが受験生ならば、内申点確保の為に得点の自己記録を更新したいところだ。
それは未だ志望校が定まっていない状況だとしても同様。

『目の前の試験結果に集中』し、内申点が確保できれば志望校の選択の余地が広がる。

半年後のキミが、今現在のキミに感謝するに違いない。
一方今現在の取り組みが甘く思うような結果でなかった場合、

半年後のキミは、きっと今現在のキミを嘆くに違いない。

志望校が決まっていようがなかろうが、
今目の前の、実は最も大きな課題に真剣に取り組むしかないということだ。

キミは日々成長している。やる気に波はつきものだが
多少の困難なら乗り越えるだけの力は十分に持ち合わせているということだ。

健闘を祈っている。


     7C's教育研究所    はなぶさ



1学期末試験対策...

コロナで変更続きの学校行事や部活動の予定。
生活のリズムが崩れがちの生徒も多いようだ。

そんな中、早くも1学期末試験が迫っている。
特に受験生、試験準備は始めているか?

不安定な生活リズムの中での試験準備はモチベーション維持に影響するかもしれない…
取り組みにムラができ、集中力も安定しないかもしれない。

現状での自分の学力や志望校が定まらない生徒も案外多く
加えて今回の期末試験だ。混乱している生徒も多いだろう。

見方を変えれば、多くの友人が環境に左右されている現状だ。

そんな中期末試験で結果を出すには、
1日も早く気持ちを切り替え整えて、試験準備に取り掛かることができるかがカギになる。

まずは学習計画表を作成すること。
作成することで意識が高まり『やるべきこと』が明確になるはずだ。

最初は辛いが、学習計画表にできる限り忠実に取り組むことで3日もすれば慣れてくる。
いつもの勉強の調子が戻れば、過去の得点以上の結果はだせるはずだ。
自分の気持ちとの闘いというわけだ。

『周囲の空気に流されるのか、抜け出すのか』

すべては今、この時間の使い方にある。キミにならできるはずだ。

健闘を祈っている。


     7C's教育研究所    はなぶさ



試験で得点するために...

部活動の試合に勝つために、1週間前から練習を始めるか?
日々の練習があるからこそ、1週間前の練習が成果に結びつくことはわかるだろう。

その点勉強も同じだ。

試験1週間前から試験準備を始めるとする。
当然覚える(身につく)のに時間がかかるから、試験内容によっては中途半端な状態で受験することになる。
さらに提出課題をかろうじて仕上げて時間切れ。結果、思うように得点できない。
試験勉強のはずが、提出課題を仕上げるための時間になっているからだ。

さて、得点(学力)しようと思えば時間がかかる。
せめて覚える(身につく)のに時間がかかる教科単元だけ(特に計算、漢字、英単語)は日頃から取り組んでおくこと。
それだけでも試験前の時間確保に有効だ。

すべてを試験前だけでやろうとするから無理が生じる。
試験で最高の結果を得ようと思うならば、日頃からの取り組みが大切ということだ。

特に受験生は意識して取り組んでもらいたい。
それが高校や大学進学後のキミの学力を左右することになるのだから。

健闘を祈っている。


    7C's教育研究所   はなぶさ



志望校...

受験生になった中高生、
なかなか志望校が決まらないという生徒は案外多い。

それらの生徒たちは
将来何になりたいとも、何に興味があるともはっきりしない。
学力レベルで志望校を選ぼうにも、あまりピンとこないようだ。

長く先行きの見えないコロナ禍で、
意気消沈したのかもしれない。初めての受験、志望校選びならなおさらだ。

それは大人も同様のようで、在宅勤務が増えた今、
心身のバランスが崩れる傾向もあるようだ。

大人でもそんな状況だ。成長過程の受験生にとっては少々酷な状況かもしれない。

とはいえ時間は確実に過ぎていく。そして否応なく受験日は迫っている。

目標を見失いがちな昨今、
モチベーション維持が今後の自身の在り方を左右することになるだろう。

最低限、『目の前の課題を確実に消化すること』 に努めるしかない。

コロナ禍はいずれ明ける。その頃には新たな目標も見えてくるはずだ。

今は、その時に全力で走ることができる 気力体力(学力)を養うべきだろう。
明るく元気に前向きに、だ。

中間試験を終えたばかりだが、1か月後には期末試験が控えている。
日々の勉強を大切に取り組んでいこう。

健闘を祈っている。


      7C's教育研究所   はなぶさ













1学期中間試験...

GWを返上し、
志望校合格のために学力(得点力)アップを目指して取り組んだ中間試験対策。

今回は試験範囲も狭く、受験教科も少なかったことから
今までの定期試験以上にじっくりと、時間をかけて取り組むことができたろう。

結果は一目瞭然だ。
それぞれ、前回(前年度3学期末試験)結果より優位に上昇している。

さて、今回の試験での目標は
 ①得点アップ と ②受験準備(内申点確保)だ。

教科単元ごとの理解を深めること。復習の範囲を遡り、弱点を補強し自信をつけること。
これらにより、今後の学習や受験準備の取り組みに余裕がもたらされる。

特に新入塾生にとっては、貴重な体験になったと思われる。

なるほど、これくらいの試験準備の取り組みでこのくらいの得点ができるのか…
その気づきが次回以降の定期試験や模擬試験に生かされるわけだ。

ただし、学力(得点力)は日々の学習を継続して『キミの本物の実力』になる!

今回得点アップを体験したキミ。キミの学力は本物か?
期末試験でその真価が問われることになるだろう。

健闘を祈っている。


    7C's教育研究所    はなぶさ




 


<<前のページへ4567891011121314

アーカイブ

このページのトップへ