受講システム
教室で学ぶ
生徒さん・親御様専用ページ
英進アカデミー 紹介ムービー

HOME > 英進アカデミー「勝利のブログ」

英進アカデミー「勝利のブログ」

三者面談...

地元中学では
3者面談が行われている。

担任の先生から、
志望校合格の可能性と、そのためのアドバイスがあるはずだ。

1学期の成績がどうだったか
志望校合格に向け、夏休み以降どう取り組むべきか

受験勉強のアドバイスや志望校選択
日常生活の心構え等々、先生のアドバイスをしっかりと受け止め取り組むこと。

それだけでも相当の学力アップは期待できる。

受験まであと半年。今できることに集中することだ。

健闘を祈っている。



     7C's教育研究所    はなぶさ







三者面談(受験生)...

学校によっては
そろそろ三者面談の時期だ。

志望校と併願校、受験校選びは終えているか?

今回の三者面談で、今後自分の取り組むべきことがわかるはずだ。

どう取り組めば志望校合格に手が届くのか、
担任の先生のアドバイスにしっかりと耳を傾けることだ。

一方、先生のアドバイスに気を良くし、
あぐらをかいてしまうケースもあるから注意が必要。

先生のアドバイスは、現時点でのキミへのアドバイス。

あくまで現段階での…だ。

キミの今後の取り組み次第では

『不可能』と言われた志望校合格の可能性が高まるし、
『大丈夫』と言われた志望校合格が遠いものになることもある。

大切なことは、
『目の前の課題を確実に消化していくこと』だ。

健闘を祈っている。


     7C's教育研究所    はなぶさ



例年なら...

例年なら
すでに夏休みの10日ほどが経過しているころ。
受験に必要な最低限の学習内容は終え、
学習内容の定着と応用問題に取り掛かる時期に差し掛かるころだが…

そう考えると、
今年の夏期講習での学習(受験準備学習)の進捗状況は 芳しくない。

学校は継続しているから日々の課題もある。
その分受験準備勉強の時間確保が難しくなるから
受験生にとっても、本当に厳しい夏だ。

また学校が継続しているため、中高生たちとしては
なかなか『受験勉強』の気分や雰囲気に切り替えられない様子もある。

例年のおよそ半分程(2週間)に短縮された夏休みで、
例年通りの学習成果を出すには、相当の覚悟がいる。

それができるなら例年の長い夏休みと塾の夏期講習は必要ないということだが(笑)

さて、この状況の対応策は2つ。

① 現状に合わせ(その分受験勉強の時間確保は難しいが) 仮に短い夏休みでも相応に取り組み結果をだす。
② 学校での授業中の集中力を高めて指導内容の理解に努め、その日の課題はその日に消化し時間確保に努める。

いずれを選ぶべきか、受験生のキミは気づいているはずだ。

選択いかんで1か月後の学力はかわる。
2学期の学力や成績に影響するだけでなく、志望校の合格可能性も大きく変わるということだ。

今ならまだ十分に挽回可能!

健闘を祈っている。


       7C's教育研究所    はなぶさ





 









2020夏、苦手教科の克服に...

受験生、
1学期末試験結果はどうだったろう?
教室の生徒たちが大なり小なり一様に得点アップを果たしたことを考えると
全国の受験生も同様であったろうと思われる。

多くの受験生は、1教科や2教科の苦手教科があるものだ。
今回の1学期末試験では、苦手教科の得点を上手にカバーして総合点を上げたということ。
戦略的な勉強ができたということだ。

その意味で、少しずつだが受験生らしくなってきたとも言える。

さて、多くの学習塾ではすでに夏期講習期間に突入している。
受験生らしく、また志望校合格のために『不得意教科の克服』がこの夏の課題だ。

より確実な学力アップ(不得意教科の克服)のために
ぜひ取り組んでほしいことがある。

秋に実施される 『英検』『漢検』『数検』 の各種検定合格を目標に取り組むことだ。

取り組み方にもよるが、
検定の準備勉強とその結果である合格は、キミの学力強化に確実に寄与する。

模試の得点アップを目標にするのも良いが
検定合格は『公認の学力』だ。相当に自信をつけることができるのも大きい。

集中して取り組んで合格を手にする頃には『苦手意識』も自信と確信に変わる! ということ。

検定合格が、キミの志望校合格を支える武器に成りうるわけだ。

登校日はしばらく続くが、『夏期講習期間』は始まっている。
まずは最初の連休4日間、全力で取り組んでみることだ。

健闘を祈っている。


      7C's教育研究所    はなぶさ






7月4連休で...

例年通りならば夏休み直前。

今年はコロナの影響で、八月上旬までは1学期だ。

1学期末試験結果を考慮すると、
今キミが取り組むべきことが見えてくるはずだ。

さて受験生、受験準備勉強をどう組み立てる?

受験勉強は夏休みになってから…そう思っているようでは、
同じ志望校を受験するライバルに、2歩も3歩も遅れをとってしまう。

学校の先生方や、通っている学習塾の先生方は、キミの志望校受験から逆算して、

『今キミに必要な、取り組むべき内容を指導している』はずだ。

言い換えれば、先生方のアドバイスを聞き逃した分
キミの学習の成果は出にくくなる、入試に間に合わなくなる可能性が高まるということだ。

当然、この連休中の過ごし方や学習アドバイスがあっただろう。

この時期、先生方のアドバイス通りに徹することができるか否かで
これから迎える夏休みの取り組みの成果は、良くも悪くにも大きく変わる!

キミにならできるはずだ。

健闘を祈っている。


       7C's教育研究所    はなぶさ





中1生 1学期末試験...

中1生、
1学期末試験の準備勉強は順調か?

ひょっとしたら、年上の兄弟姉妹がいない中1生は大変かもしれない。
何をどう準備すればいいのか分からないことも多いからだ。

今回のキミの試験準備勉強の程度は、試験結果にあらわれる。

大切なのはそのあとだ。

得点減の理由を知ること。
① ミス ② 思い違い ③ 難しくてわからなかった ⓸ 準備不足…

理由があるはずだ。

その原因理由を、自分なりに分析するといいだろう。

試験勉強の取り組み分析と、実践しかない。

自分より高得点の友人に、勉強法のアドバイスをもらうのも良いだろう。

自分の勉強の取り組みの弱点を知り、補強し満点を目指すのは良いことだが、

大切なのは、この経験を以降の定期試験に、『いかに生かすか』ということだ。

健闘を祈っている。



       7C's教育研究所    はなぶさ




試験期間中...

定期試験期間は2~3日。

初日の手ごたえに気を良くすると
油断して以降の試験に悪影響することもあるから注意が必要だ。

今回初めて定期試験を経験する中学1年生は以降、参考にしてほしい。

試験は最後まで集中して臨むことが大切ということだ。

特にキミが受験生ならば、
今回の試験結果は内申点として評価される、重要な試験であることも自覚しておこう。

実技教科の準備勉強も十分に確保し得点すること。
その分の結果で内申点が上がれば、志望校合格に一歩近づく、というわけだ。

もし、初日の試験で手ごたえを感じなければ
残りの教科で取り返すつもりで…

答案が返却されるまで詳細はわからないが、後悔だけは避けたいところだ。

健闘を祈っている。


      7C's教育研究所    はなぶさ



1学期末直前(受験生)・・・

受験生、
1学期末試験の結果で志望校はおおよそ決まる。

準備は万端か?

『いやいや、受験勉強は夏休みから頑張れば十分でしょ?』 そんな声も聞こえてきそうだが

そういうタイプの受験生は、すでに現時点で志望校合格に『黄信号』が灯る。

『いやいや、受験勉強は2学期からでしょ』
『いやいや、2学期の中間試験で・・・』
『2学期末試験で…、冬期講習で…』

というように、今取り組むべき課題を先送りする傾向が強いからだ。

今頑張るべき理由は 『内申点』 の確保。

1点でも2点でも踏ん張って、頑張って得た結果が 志望校合格の後押しになるからだ。

試験までの残りの時間で、できることに取り組むこと。
そして試験終了の笛が鳴るまで集中すること。

何よりも志望校合格をより確実なものにするために、だ。

健闘を祈っている。



       7C's教育研究所    はなぶさ





せめて入試までは・・・の意識・・・

受験生
定期試験前のこの時期の志望校選びはお休みにしよう。

試験準備のための貴重な時間が激減してしまう。
志望校選びは期末試験結果が出てからで十分だ。

試験結果が良ければ、志望校選択の幅も広がる。
そのための試験準備だと思えば尚更だろう。

また、今回の受験勉強はそのまま 『受験勉強』 になるから
今までのように、『試験が終わるとすべてが終わり』『試験が終わるとさっぱり忘れる…』ような
勉強は改める必要がある。

限られた時間で成果を出すには、
限られた時間を有効に使う必要がある。

せっかく取り組んだ学習内容を、
忘れてしまうようでは入試での得点は期待できないということだ。

0からやり直す余裕もない。
学習内容を覚えていれば、学習内容をさらに『積み上げる』ことができる。

応用発展問題への取り組みが可能になるわけだ。

『今回取り組んだ学習内容は、せめて入試までは確実に覚えておくこと!』

受験生最大の課題だ。

健闘を祈っている。


    7C's教育研究所    はなぶさ




1学期末試験1週間前・・・

まず教室では、
定期試験10日~2週間前頃に、生徒各々が学習計画と目標得点を掲げる。

そして定期試験の1週間前までには、試験範囲一通りを終えるよう指導している。

試験範囲の問題で、まずは各教科の『できる、できない』を明確にするためだ。

また、試験準備期間は学校の副教材やプリントを中心に取り組むため、
試験準備が仕上がるころには学校の提出課題も同時に終えることになる。

それにより、更なる学力(得点アップ)と提出物による内申点アップが期待できるわけだ。

さて、試験1週間前からは、
それまでに解いた問題で浮き彫りになった自分の弱点を集中的に学習することになる。

そして試験前日(不安なら前々日)は初日の試験教科の総仕上げだ。

以上が試験までのおおよその試験勉強の流れだが、
試験準備の進度に遅れ(余裕はない)が生じたら土日で取り戻す。

あとは自信をもって解答できるようになるまで何度も反復練習することだ。

特に受験生、
今回の試験結果が 志望校合格を左右する大切な試験になる。

『目の前の誘惑を優先するか、我慢して志望校での有意義な3年間を手に入れるか』 だ。

健闘を祈っている。


       7C's教育研究所    はなぶさ





1234567891011

アーカイブ

このページのトップへ